チャリカレ ☆彡 富士ヒル・ゴールド/UCIグランフォンド出場を目指してトレーニング中!

チャリカレ ☆彡 Charinco College

レースレポート

第7回榛名山ヒルクライム(ハルヒル) 神社コース 3位 31分54秒

更新日:

 
 こんにちは、彰馬です

 さあ、今年もやってきました榛名山ヒルクライム! シーズン初めてのヒルクライムということで、今回はしっかりと調整を行いやる気Maxで挑ましてもらいました!

 いやー、去年の赤城山ヒルクライムが中止にされたおかげで、去年はツールドつくば以降、何も出ていなかったので約一年ぶりのヒルクライムですからそりゃあ気合いも入りますよ(笑)

 今年はフレームも変えて体重も2kg近く減量されていたので好タイムをスタートから狙っていきました。いつもは榛名湖コースにエントリーしていたのですが、今年はチーム戦での入賞を狙い神社コースとさせていただきました。

 それでは、どうぞ!

レポート

 さあ、やってきました榛名山ヒルクライム! 通称ハルヒル。毎年6000人近くが参加する群馬ロードレース界の一大イベント。地元である私はテンションMaxでスタート前からもう興奮が止まりませんでした(笑)

3時出発

 起床はいつも通り2時40分とまだ夜も更ける時間帯ということで、外は真っ暗でした。こう夜に出発するのってなんだか童心に帰ったようでワクワクしますね。

 3時頃に出発。今年は道路がかなり空いていて、会場までスムーズに行けたせいか、5時前についてしまいました。まあ、早い分には越したことがないのですが(笑)

朝食

 スタート3時間前の5時過ぎに朝食を取り、そのまま荷物預かりへと移動しました。あっ、こういうレースの時はマフィンなどの油分が多い食べ物はやめておいた方がいいですよ。走っていて消化が間に合わず、脇腹が痛くなります。(実体験)

スタートまで

 荷物を預けた後は、外が寒く時間もあったので体育館で少しのんびりとしていました。いつもは榛名湖コースに出走だったのでスタート場所で待機している時間ですが、神社コースはスタート時間に余裕があるのでゆっくりと体育館の中をぐるぐるジョギングしながらのアップとなりました。

 7時半にそろそろ集合場所へと移動しようかと思い、アップをやめバイクが置いてある中学校の校庭へと向かいました。毎年父と参加しているので、スタート地点までの移動中に誰をマークして走るかーなどと談笑。

 やはりタイムを狙っている選手は前の方に来るので私たちも移動途中にペースを上げたおかげで、最前列からスタートすることができました。

スタートから初心者コースゴール

スタート直後にHORIZONTEの選手がものすごい勢いで飛び出したので、それに負けじと父と二人でこちらもゼロkmアタックです(笑)

最初の500mくらいで誰も追ってくる気配がないので、私と父、HORIZONTEの方の3人での逃避行となりました。

 HORIZONTEの方が鬼のように引き、ちょっとあまりにも速いペースなので父が「何分狙いですか?」と尋ねると「28分くらいですかね(笑)」と答えたのが聞こえたので、もう私は絶句でしたね。

 最初の1kmくらいは明らかなオーバーペースでしたが、榛名湖コースを走られている方々が道いっぱいに広がっていてくれたおかげでしばらくペースが落ち、私的にはありがたい展開となってくれました(笑) ついていくので精一杯の私はローテーションにあまり加わることなく申し訳ないのですがそのまま後ろでドラフティング状態で行かせてもらいました。いやー、本当に申し訳ない……

 初心者コースのゴール2kmくらい手前で後ろから一人追いついてきて、その後は4人で行くことになりました。と言っても、初心者コース以降は本格的な登りが始まるので、ドラフティングの効果も薄くここからは、純粋な力の勝負です。

初心者コースゴールから神社コースゴール

 初心者コースのゴール地点を超え、脚がきつくなり始めた状態で登りに入るとすぐに父がアタックを仕掛けました。「ここで行くか!?」と驚きをもちつつも何とか3人で下りに入る手前での吸収に成功。

その後は動きもなく残り3kmへ。ここにきて呼吸がひゅうひゅうと音を立てるようになってきて「あっ、これ駄目なやつだ」と思いましたが、案の定、残り1.5km地点で、前の3人を見送りながらの脱落となりました。

 ここからは1人で行くか……と、心の中で思いながらゴールへと必死にペダルを回していきました。

するとなんと! 前半に鬼の如く引いてくれていたHORIZONTEの方が集団から落ちてきていました。何かあったのかと思い「大丈夫ですか?」と声をかけると「疲れました」の一言。

その後、少し先行をされてしまいましたが、まだ、射程圏内。3位表彰台がかかったポジションなので、神社の大鳥居が見えた時に、渾身のスパートを仕掛けました。

 後り100mのところで、「抜ける!」 と確信したのですが、沿道のおばちゃん方が「後ろから来てるよー!」と、悪魔の応援をしてくれたおかげで、HORIZONTEの方もスパート。

勘弁してくれよー、おばちゃん。最後は私がタイヤ判個分で差し切れず非常に悔しい思いでのゴールとなりました。ゴール後はHORIZONTEの方と良い走りでしたと握手をし、今年のハルヒルは終了となりました。

余談

 と、ここまでが私の話ですが、何と父がトップゴールを決めたとのことで、非常に驚きが大きかったですね。いろいろインタビューを受けてる父でしたが、まだ、後からスタートした選手が来ていないので暫定1位です(笑)

 案の定というか、マジかーというか、リザルトのホームページを見て驚き! 私、3位! えっ?3位と戸惑いを持ちつつ父の順位を確認すると2位で2番目にゴールした方が1位となっていました。

 ん? どうなってんだと思いよく考えると、ハルヒルの神社コースはグロスタイムではなく、計測地点を過ぎたらタイム計測が始まるのでHORIZONTEの方よりあとからスタートした私が3位になり、さらにその後ろからスタートした2着の方の順位が1位と着順ではなくタイムでなので、このような結果になりました。

 何はともあれ初めての入賞でしたのでうれしいですね。次回は富士ヒルがあるので、そちらも入賞を狙っていきたいと思います。

 それでは! see you!

表彰式

チーム戦2位

↓面白かったらクリックしてね( ´ ▽ ` )
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーリンク

-レースレポート

Copyright© チャリカレ ☆彡 Charinco College , 2021 All Rights Reserved.