カーボンのシートポストをカットしてみたら思ったよりも軽くなった。

こんにちは、ヒロです。

今日はカーボンシートポストのカットをして、ロードバイクの軽量化をしてみました。

作業時間は15分程度です。

目次

まずは現状分析

これが今のバイクのシートポスト。

フレーム内に25cmくらいは刺さっているので、軽量化のため10cmほどカットしてみようと思います。残すのは15cmということ。

10cmくらい残せば大丈夫なのですが、違うフレームでも使う可能性や、ポジションを変更する可能性も考えて、15cm残すことにしました。

いよいよ切断

まずは、シートポストを単体にして、写真にある金ノコでゴリゴリカットしていきます。

ゴリゴリ、ゴリゴリ、ゴリゴリ、ゴリゴゴリ、ゴリゴリ、ゴリゴリ、ゴリゴリ、ゴリゴリ、ゴリゴリ、ゴリゴリ、ゴリゴリ、ゴリゴリ、ゴリゴリ、ゴリゴリ、ゴリゴリ、ゴリゴリ、ゴリゴリ、ゴリゴリ、ゴリゴリ、ゴリゴリ、ゴリゴリ、ゴリゴリ、ゴリゴリ、ゴリゴリ、、、、

15分ほどのゴリゴリでカット終了です。

切断面は紙やすりで磨いて、仕上げをしました。

カーボンは紙やすりで簡単に削れるので、結構綺麗に仕上がります。

シートポストの切断で47gの軽量化

で、軽量化の結果ですが、

15分で47gほどの軽量化です。

ポストエンドの部分にアルミの補強材が貫入されていたので、それが結構重かったみたいですね。

コンポーネントで50g軽くするのは結構お金がかかりますが、シートポスト切るだけならお金もかからないのでおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次