チャリカレ ☆彡 富士ヒル・ゴールド/UCIグランフォンド出場を目指してトレーニング中!

チャリカレ ☆彡 Charinco College

サイクルニュース

バルベルデが2021年以降も現役続行を考えている!?

投稿日:

2021年以降も現役続行を考えるバルベルデ

 スペインのモビスターに所属する、アレハンドロ・バルベルデは2021年を超えてもなお、現役を続行すると考えが強いと言っている。

 4月で40歳になったバルベルデは、昨年にモビスターとの2年間の契約延長に署名した。

 しかし、バルベルデは引退時期について2021としていたがCOVID-19によるパンデミックでの強制的な休養期間が彼の考えを変えたようだ。

 月曜日のスペイン代表チームトレーニングキャンプでの記者会見で、バルベルデはキャリアを2021年を超えても延長するのかについて尋ねられた。

 それに対しバルベルデは、

 

私は可能な限り走ることを考えている。確かに年齢は40歳だけど、頭の中はまだ若いよ。それに、私はもっとサイクリングに力を注ぐことができると感じている。

と言った。

 また、アルテアのキャンプ地にいるバルベルデのチームメイトは非常に若く、トスペイン代表のコーチである、Pascual Momparlerはバルベルデは自身の経験を次世代のライダーたちに伝える灯台になるであると言う。

今後の予定は?


 バルベルデは今年の夏開催される東京オリンピックをターゲットにし、参戦の予定であったがオリンピックが2021年に延期されてしまった。

そのため、今年はモビスターに新加入したエンリク・マスとともにツールドフランスを走り、丘陵サーキットで開催されるスイスの世界選手権をスペイン代表としてリードすることに焦点を当てている。
 

 バルベルデは世界選手権について、

世界選手権のルートが私に適しているか考えると、世界選手権は今年の大きな目標だ

と言う。

 バルベルデは、ツールドフランスが世界選手権の1週間前の9月20日に終了することを考えると、世界選手権に向けた完璧な準備として、マスと責任を共有するツールドフランスについて説明した。

 バルベルデはそこでトップの状態になることを目指し、10月4日にリエージュバストーニュリエージュをターゲットにするか、その月の後半にブエルタアエスパーニャの前で休むかを決定する予定だ。

 また、地元スペインで開催されるブエルタについては

「私はいつもブエルタにいるが、今年は大きく異なるだろう」と彼は2009年に勝ち、昨年2位だったレースについて語った。 「寒くなるので、今回はもっと複雑になっていくと思う。まずは始めようと思っていますが、どのような目標になるか見ていきます。

 40歳とすでに現役を引退していてもおかしくない年齢だが、さらなる活躍を願う。

 

↓面白かったらクリックしてね( ´ ▽ ` )
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーリンク

-サイクルニュース

Copyright© チャリカレ ☆彡 Charinco College , 2021 All Rights Reserved.